8/3~6 唐松岳ハイキング

a0048823_14443550.jpg
8/3 新大阪駅前21:50発の夜行バス「さわやか信州号」で白馬八方着8/4 6:00 雨は降っていませんが、まだ台風5号の影響か天気は悪いです
8/4 7:20~   白馬八方尾根スキー場のゴンドラリフト・アダム(通年運行)を使って一気に1000mの高度を稼ぐ。
 7:45 第一ケルンから歩きはじめるがここは八方池(標高2086m)までの自然研究路の観光を楽しむ人達で賑やかです。
だんだん高度が上がるにしたがってガスってきた、唐松岳近くでは遂に雨。視界は10m位で風もきつい。今回 一番の楽しみにしていた岩場歩きの唐松岳~不帰嶮~天狗の頭 往復は断念した。12時唐松岳山頂小屋着(標高2630m) 早々にチェックインして17時の夜食まで一眠り 夜食はライスカレーで簡単におしまい。後は持参のアルコールで宴会といきたいところだが、小屋は超満員でままならず。ただ眠るのみ。
8/5 6:30スタートで秘境と言われる黒部峡谷上流の祖母谷温泉(ババダニと読む)目指してバカ下りの始まりだ 天気はまだガスって居るので全員カッパを着ているが回復傾向だ。足場の悪い900mの高低差を一気に下り、鞍部で一息つくと、 目前に餓鬼山(2127m)が聳えている、この高低差330mを登り返す。これが山だ 相当にきつい。
予定時刻より30分遅れの16:30伯母谷温泉小屋(標高800m)についた 18:30の夕食が楽しみだが先ず温泉で汗を流し、乾いた服と着替えてビールを飲む。至福の時だ
8/6 8:00 朝風呂でさっぱりして帰途につく。≒40分歩くと黒部峡谷鉄道の欅平駅があり有名な(私は初めて)トロッコ電車で宇奈月へ 電車を乗り継いで自宅には午後7時着だった。
今回の費用
夜行バス「さわやか信州号」 8000円  トロッコ電車 1440円
ゴンドラリフト・アダム     1400円  電車特急料金含む11200円
唐松山荘 一泊二食      8900円
祖母谷温泉小屋 一泊二食 7560円(労山会員割引あり) 
 計38460円の超豪華山行であった。
a0048823_14505542.jpg
a0048823_1452538.jpg
シモツケソウ
a0048823_14525446.jpg
a0048823_15222557.jpg
八方池 天気がよいと白馬三山が写るという
a0048823_1453582.jpg
ニッコウキスゲ 私の山の会 会長からのクイズ「ニッコウキスゲの花びらは何枚か?」確かにはなびらが3枚で額が3枚だ
a0048823_15104095.jpg
a0048823_1651295.jpg
a0048823_15152832.jpg
この尾根を歩きたかった
a0048823_1518541.jpg
唐松岳山荘受付でゴッタかえる 私は不覚にも25年愛用の帽子を吹き飛ばされた
a0048823_15264133.jpg
8/5秘境?? 道なき道に入り伯母谷温泉へ
a0048823_15271523.jpg
a0048823_15305241.jpg
未練たらしく天狗の頭を振り返る。
a0048823_15315920.jpg
むこうは劒岳
a0048823_15351490.jpg
11時50分 餓鬼山避難小屋 あと5キロ 温泉とビールがちらつく
a0048823_15332133.jpg
16:23 温泉小屋が見えた
a0048823_15421564.jpg
a0048823_1543227.jpg
水でうすめないと熱い
a0048823_15455666.jpg
a0048823_15462419.jpg
a0048823_1547016.jpg
洪水で川の流れが低くなり水が引けないので熱くて入れない
a0048823_15521339.jpg
8/6トロッコ電車が面白かったけど、カメラの電池が切れてしまった
[PR]
by yantoken | 2007-08-07 14:55 | Comments(0)


<< 8/11 げんきの森散策 8/1 これは何だ?アゾラと判明 >>