人気ブログランキング |

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

4/29 里山祭り

根来山げんきの森の里山祭りです 天候もまずまず、でも受付で座って居るにはチョット寒かった。一般参加の方々と森の音楽会・クラフトコーナー・自然観察会・ネイチャーゲーム・げんきの森特製野外料理などで楽しみました。
a0048823_1711353.jpg
a0048823_17125144.jpg
a0048823_17133298.jpg
a0048823_171439.jpg
a0048823_17152393.jpga0048823_17154614.jpg
by yantoken | 2006-04-29 17:21 | Comments(2)

4/28 げんきの森より

きょうはボラバイターです クラブ員たちは明日の「根来山げんきの森里山祭り」の準備で料理の下こしらえ(いつも感謝しています)・山菜採り・クラフト などで大忙しです。そんな中でクラブ仲間が面白いものをみせてくれました。名もない草と言いますが草にも一つ一つ名前があるんだな~と あらためて感じました。
三姉妹?(左からカラスのエンドウ・カスマ草・スズメのエンドウ) カラスとスズメの間でカス間草とはよく言ったものです。
a0048823_2010675.jpg
a0048823_201441100.jpg
収穫の山菜 アケビの新芽もあります
a0048823_20151281.jpg
コシアブラ
a0048823_20154380.jpg
コゴミ
a0048823_20161150.jpg
タカノ爪
a0048823_20165780.jpg
a0048823_20182569.jpg
カンゾウ
a0048823_20185649.jpg
a0048823_20193032.jpgノビルa0048823_20223661.jpg
by yantoken | 2006-04-28 20:21 | Comments(0)

4/23 武奈ヶ岳(比良山系)ハイキング

和歌山5時半出発予定が一人寝すぎた方がありまして・・笑・・6時出発です。
今回のコースは比良山系最大水系でY字型主稜の間に秘められた壮大な八淵の滝群を探勝し、最高峰武奈ヶ岳に登るコースです。前夜の雨で増水した沢渡り有り・岩登り有り・雪有り・おまけのヤブコギまで有りの変化に富んだハイキングを思い切り楽しみました。
a0048823_10575822.jpg
a0048823_10582750.jpg
a0048823_10594100.jpg
a0048823_1059454.jpg
山頂近くなるとガスってきました
a0048823_1104492.jpg
a0048823_1112017.jpg
立ち止ると離されます
a0048823_1115380.jpg
岩うちわ
a0048823_1195075.jpg
ふもと近くにシャクナゲが
a0048823_11115570.jpg

by yantoken | 2006-04-24 11:13 | Comments(2)

4/14 げんきの森便り

根来山げんきの森は華やかだった桜花も、ほぼ散り去り新緑の季節となりました。ザイフリボクが咲いていると聞いてみてきました。ザイフリボク(采振り木 バラ科 別名シデ桜)
バリヤフリー(No23)幼木でチラホラ
a0048823_20231232.jpg
わんぱくの森で遠くにこんな感じ
a0048823_20243336.jpg
シャガ
a0048823_20285879.jpg
モチツツジもそろそろ賑わしてくれます
a0048823_20334333.jpg

新芽も個性がありかわいいです(おにクルミ?チョット待って・・明日確認します)
4/16先輩に聞きました、やっぱりオニグルミで尻尾の様な雄花がでています 後から雌花がでる筈、しっかり観察します 実がなるかな~楽しみ・・(^0^) (植栽です)
a0048823_2044818.jpg

by yantoken | 2006-04-14 20:39 | Comments(0)

4/9 那岐山ハイキング(岡山県)

山の仲間達と和歌山を朝5時出発で那岐山に登ってきた。交通もスムースで8時に登山口着
山はまだ冬の雰囲気で谷合や鳥取県側には残雪があり、草木の花にもまだ早く、立ち止ると寒くてタダ歩くだけ、おまけに大展望(日本海~瀬戸内海まで)のはずの山頂も黄砂の影響で遠望きかず、広々とした良い山頂だけど、ゆっくり憩うには寒くて、そうそうに辞しました。
そんな中でミスミソウ(三角草 キンポウケ科 別名雪割草)の群生に出会い可憐な花をいっぱい咲かせていました。山のベテランさんも始めて見たとか、この時期でないと見られない花でした。やっぱり山は何か一つは感動を与えてくれます。帰って早速図鑑で調べましたが、ほんまに名前はミスミソウでよいのでしょうか?少し違うようですが、沢沿いの夏でも涼しそうな所に群生していました。
ユキワリイチゲと判明しました
a0048823_954188.jpg
a0048823_1021376.jpg
無残 台風の爪跡 登山道もズタズタa0048823_103232.jpga0048823_1034730.jpg
by yantoken | 2006-04-10 10:09 | Comments(4)