人気ブログランキング |

<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

6/30 ニホンミツバチの巣箱

a0048823_22501310.jpg
根来山げんきの森で5月始めに巣作りを始めた1号巣箱ですが巣箱内はすでに超過密状態ですみにくい、このまま放置するとハチは蜜を持って逃亡する可能性があるそうだ。
そこで本日の根来山げんきの森運営会で蜜を搾って見ようと決定した 誰も経験したことがないので、例のニホンミツバチの養蜂に詳しい先生の都合がよい7/8日に指導してもらうことになった ハチの観察を始めて、けな気に蜜を運ぶ様子などを見ると、忍びないことですが、我々の最終目標は蜂蜜を搾ることにあり、割り切るしかない!!(皆が嘗めてみるだけ採れるのか楽しみだ。蜂蜜の販売はしません)
by yantoken | 2007-06-30 23:19 | Comments(0)

6/30 ツリークライミング

根来山げんきの森のクラブ員であり、和歌山県で只一人ツリークライミングのイベントを開催していける資格と技術を持つ青木さんが行うツリークライミングの様子をNHK和歌山が取材にきた
7/4 11時10分(11時30分頃のぐるっと関西かも?)と18時10分からのニュースウエーブで放映される
a0048823_2224497.jpg
a0048823_2224324.jpg
a0048823_22252023.jpg
a0048823_22263491.jpg
NHKスタッフも30分あまりの奮闘後には余裕でカメラを構えている
by yantoken | 2007-06-30 22:29 | Comments(0)

6/26 弥山・八経ヶ岳ハイキング オオヤマレンゲはまだ蕾固い

a0048823_1015158.jpg
岩出を朝6時 天気も良さそうで根来山げんきの森の仲間と「近畿最高峰に登りオオヤマレンゲを愛でる」を目的に出発した。R309行者還りトンネル西口8時30分出発~ 無事下山17時それから温泉・美味しいラーメン屋と周り帰宅は20時過ぎの長いハイキングであったが、花や珍しい樹木・キノコを見つけては立ち止まりワイワイガヤガヤと急がずあわてずのんびりと楽しいハイキングができた。
a0048823_10142480.jpg
a0048823_10144970.jpg
登山届けを済ませ元気に出発
a0048823_10204766.jpg
急坂を登りきって一休み 9時30分 このような立派な道標が要所にある
a0048823_10234463.jpg
黄色い標識を見るとホットすると云う 少しは時間も気にしているのか?
a0048823_10275878.jpg
サラサドウダンツツジがポツポツと
a0048823_10294313.jpg
聖宝の宿跡 10時30分 計画通りに快調だ
a0048823_10361241.jpg
弥山神社11時50分 大休憩 ガスって視界は無い
a0048823_10405349.jpg
オオヤマレンゲはまだ蕾固し 承知の上とは云え残念!!
a0048823_1045325.jpg
我々が居る間だけガスが晴れるが遠望はイマイチ 誰かが富士山を見たいとご冗談を!!
a0048823_10504751.jpg
ルンルン気分の帰途 この後 激下りが待っている
a0048823_10523342.jpg
蔓アジサイも所々に
a0048823_10534949.jpg
洞川温泉でみたオオヤマレンゲ
by yantoken | 2007-06-27 10:54 | Comments(2)

6/24 法師山~尾根縦走~大塔山 

よく降りますね~(梅雨の最中で当たり前やと笑われそう) 午前3時 和歌山を出発時点では降ってない 何とか昼まで持ってくれないか・と一縷の望みを持って出発だ
午前4時 早くも車のフロントガラスに雨がバラツク 何時降りだしてもおかしくない空模様だが
あきらめるわけにはいかない
5時20分 田辺市安川渓谷の宗小屋橋に駐車し、法師山目指して出発した
登り初めて40分 標高700m付近で小休止していると左側の谷から笛音が聞こえると3人のメンバーの内1人が云う(私は難聴で全く聞こえない) Tさんが気になるので見てくると谷底へ下りていく、我々二人(聞こえない者同士)は待つしかない 何回も笛を吹いてみるが応答が無い、其のうち我々も探しに谷底へおりる(この時点では今日の計画はあきらめた) 1時間以上探したが変化なし 空耳かも!と あきらめて元の尾根に登り返して計画を実行することにした。
帰りの林道には我々以外の車は無かったので、あれは空耳だった!!と思うしかない
a0048823_2295478.jpg
a0048823_22102078.jpg
a0048823_2211796.jpg
標高700m付近 
a0048823_22251361.jpg
法師山 8時30分 雨が本降りになった 早々に来た道を引き返し東に伸びる大塔山への尾根に入る
a0048823_6274635.jpg
このテープの尾根に入る 踏み跡と点々とテープがある しかし踏み跡は支尾根に入った跡もあるので慎重な読図が肝要
a0048823_22291073.jpg
双耳峰である大塔山の峰 一の森13時 (見通しが悪くルート探しの読図に結構時間がかかり本峰はあきらめた
a0048823_6142632.jpg
林道に下りると大塔山登山口の小さな標識があった
a0048823_2238563.jpg
1時間余りの林道歩きで車にたどり着き(16時)一目散に温泉へ(富里温泉 乙女の湯)
a0048823_754102.jpg
縦走に使った地図 
by yantoken | 2007-06-24 22:24 | Comments(2)

6/21 遊歩道の草刈Ⅱ

a0048823_19545946.jpg
a0048823_19551926.jpg
根来山げんきの森のオープンエリヤ(標高250m)のササユリはほぼ散ってしまったがスカイラインコース(標高380m)ではまだ蕾や盛りのササユリを多く見かけた この縛られたササユリの結末は?見たいと思ったが明日から使用でしばらく見に来れない、そこでどうなったか?・・・蔦を取り除いてしまった(どうしても蔦よりササユリの方が可愛い!!)
a0048823_2011633.jpg
刈り取られないようにテープで繋がれたササユリ
a0048823_20133443.jpg
今日はここまで 今日中に全コースの草刈終了を目指していましたが!朝 6/24の山行に備えて少し歩こうと思い、家から歩いて根来山げんきの森へ行った 其の生か弱冠バテ気味で持参の水も残り少なくなり退却した スカイライン最高峰 岩出市と向こうに生石高原
a0048823_20292136.jpg
ウスノキ 美味しそうな実が少し付いていた 1粒だけ食べてみた 甘酸っぱくて美味しい
by yantoken | 2007-06-21 20:27 | Comments(4)

6/20 遊歩道の草刈

今日は天気も良く一汗かこうとボランティアー活動をしている、根来山げんきの森スカイラインの草刈作業に出かけた (スカイラインの紹介は お手数ですが画面右の 以前の記事より2007・2月を見てください) 東尾根コースからはじめました 明日も行くつもりなので明日には全コース完了したい
a0048823_2033914.jpg
a0048823_20332967.jpg
a0048823_20335312.jpg
a0048823_20351372.jpg
上 ホタルブクロ 下 オカトラノオ どちらも道端に咲くのが好きらしいが花が咲いていないと刈ってしまう
by yantoken | 2007-06-20 20:41 | Comments(0)

6/19 山登りについて考える

このところ山行が出来ていません 予定していた17日は娘夫婦の仙台転勤に伴いその付き合いの為、山仲間に頼んで24日に変更してもらった。
これからの時期 和歌山の山歩きは 蒸し暑い!蚋・虻がうるさい!崖崩れの恐怖!など 歩いていても「ナンデこんな苦しいギョウみたいなことせんならんのや」と考えることが度々ある。
エベレスト初登頂のエドマンド・ヒラリーが「何故山に登るのか」との問いに「そこに山があるからだ」と答えた有名な話があるが・・我々凡人にも当てはまるようですが、そんなカッコいいこと言うと笑われそうだ。この暑いのにゼエゼエいいながらなんで山に登るのか 山しか行くところがないから 身体を鍛え健康になるため やっぱり山が好きだからと云うことになるらしい。
ハアハア云いながら登っていても足元には山でしか見られない花に出会い、汗を拭きながら素晴らしい景色が現れると感動し元気づけられる。
最近は読図に凝っているので地形図との照合など面白い山歩きも覚えた。
山行が終わって帰途ナンデ山に登ったのか?なんて考えたことは無い 山歩きは楽しい!!
a0048823_20513025.jpg
送別バーベキュウ この3人の孫達に一日中付き合うのは山行よりしんどい
by yantoken | 2007-06-19 20:39 | Comments(2)

6/13 ニホンミツバチの巣

根来山げんきの森でクラブ員が観察・飼育しているニホンミツバチの巣箱の清掃と観察です
毎月1回 巣虫(5mm位の白い虫らしいが まだ見たことが無い 大量に発生するとミツバチが巣を放棄する)の発生を防ぐために巣箱の清掃が必要だ。今日は3人がかりで行った。
a0048823_16144021.jpg
1号巣箱の中ですが、ものすごいハチで頭は巣に向っているようだが、巣の状態がどうなっているのかわからない 超過密状態で もう直ぐ底板に着きそうだ これでは暑いはず!となっとく!!
a0048823_16584974.jpg
清掃が終わっても巣外に取り残されたハチが巣内に入るには順番待ちだ(取っ組み合いが始まった組もある) 蜜や花粉を運んできたハチが優先に入る
a0048823_16335992.jpg
2号巣箱 一番大きい巣箱で巣は真ん中辺りまで大きくなっている(巣は天井から下に向って大きくなります)
a0048823_16365091.jpg
3号巣箱 一番小さい巣箱ですがハチが少ないので余裕があります
a0048823_1712317.jpg
清掃前の底板 糞は外でするそうで巣カスが溜まっている
a0048823_16503439.jpg
自生するクチナシで実をつける 斜面の上から
by yantoken | 2007-06-13 16:51 | Comments(2)

ブログの表示不具合について

最近 このエキサイトブログは表示不具合が頻発してご迷惑を掛けています
つい先日も私のブログを見てくださる方が「自分のパソコンが調子悪くてブログが見えない」とのことでしたが、どうも
原因はエキサイトブログ側に有るようです
;">
14日に全機能を停止してメンテナンスを行い解決に努めるとのメッセージがありました。
これからもよろしくお願いします。
by yantoken | 2007-06-13 09:35 | Comments(0)

6/11 げんきの森散策

いつもは何気なく歩いている為か根来山げんきの森の移ろいを全然感じていませんでしたが 今日は樹木・草花に詳しい!いやほんとに詳しい!!仲間から森の移り変わる表情を教えていただいた。
a0048823_21141922.jpg
エゴの猫足 気品ある花を付けたエゴノキに虫こぶが出来ていた
a0048823_21154746.jpg
図鑑より
a0048823_21291238.jpg
エゴノキの花 5/12 げんきの森にて
a0048823_21313016.jpg
マンサクの実 秋には熟してはじける様子が面白いそうだ
a0048823_2133638.jpg
ナナミノキ 雄花 秋に赤い実をつける雌花をつける木は何処にあるのかわからない。
a0048823_21384563.jpg
銀竜草 わんぱくの森に
a0048823_21395790.jpg
これは何だ!ホウキタケモドキ??図鑑で調べるとフサヒメホウキタケらしいが??
a0048823_21442292.jpg
シロモジ 鈴鹿 釈迦ヶ岳にて
a0048823_21455790.jpg
げんきの森にて
by yantoken | 2007-06-11 21:46 | Comments(0)