人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

4/28根来山げんきの森 里山祭リの準備

a0048823_19504829.jpg
4/29は「根来山げんきの森」恒例の春の里山祭りです クラブ員は手分けして準備に忙しそうですが、私にできることは山菜とりぐらいだ。好評の山菜料理の材料採りに参加した。
a0048823_2023124.jpg
a0048823_19582473.jpg
a0048823_19571340.jpg
a0048823_19583697.jpg
ノカンゾウ
a0048823_202274.jpg
コゴミ・タラの芽・コシアブラ・ギボウシ・ノカンゾウ・ヨモギ・ノビル・いたどり・ワラビ・ウド・ウコギなど、多彩である
a0048823_20171270.jpg
a0048823_2017586.jpg
a0048823_20192673.jpg
管理棟裏のアケビの新芽も
by yantoken | 2009-04-28 20:35 | Comments(0)

4/26 新緑の紀泉高原

a0048823_1852035.jpg
 地蔵峠から和歌山市方面
a0048823_18533921.jpg
和歌山市直川 千手川沿いの空き地に駐車する この対岸に鉄塔コースと呼ばれる登山口がある
a0048823_1973570.jpg
a0048823_1902627.jpg
えび峠で小休止
a0048823_1915645.jpg
えび峠から和歌山市
a0048823_193466.jpg
ここから国有林で道標など登山道は整備されている。
a0048823_1934932.jpg
地蔵峠
a0048823_19113613.jpg
a0048823_1912038.jpg
地蔵山広場(案内マップでは林間休憩所)いつ来ても賑わっている 弁当ポイント
a0048823_19141474.jpg
伊関峠
a0048823_19144140.jpg
ここから西谷池をへて六十谷方面に下山はヤブコギ好きの人にお勧め 初心者は熟練者と一緒に!!
a0048823_19173467.jpg
a0048823_19213918.jpg
急坂です 
a0048823_192718.jpg
ここまでは国有林でなんとか整備されているが、急坂に階段などはなく初心者にとっては危険だ。これからテープたよりのヤブコギがはじまる
a0048823_19333259.jpg
この辺りは踏み跡を探し難い 
a0048823_1934185.jpg
紀泉アルプスの名瀑!
a0048823_1946365.jpg
ここからはしっかりした林道だ 
a0048823_19485025.jpg
a0048823_19491379.jpg
a0048823_195617.jpg
シナアブラギリ 西谷池コースで 初めてみる気品ある花だ
by yantoken | 2009-04-26 19:58 | Comments(0)

4/22 大和葛城山のカタクリ見物

a0048823_19144643.jpg
根来山げんきの森の仲間たちと大和葛城山にカタクリ見物に行った。 奈良・御所市の葛城ロープウエイ駅 駐車場に8時半着 駐車場はガラ空きで我々の2台のみ(駐車料金1000円) 登山道は貸し切り状態で、ゆっくり自然観察しながら登れるようだ。
a0048823_1931759.jpg
a0048823_1931311.jpg
まずは一重のヤマブキやウワミズザクラ(花はげんきの森では終わっている)が迎えてくれた。
a0048823_1938888.jpg
?? トリガタハンショウヅルと判明 森の達人さんありがとう!!
a0048823_19425140.jpg
櫛羅(くじら)の滝で小休止 道端のシダや草に立ち止まって観察!!?・なかなか前に進みません。
a0048823_19523321.jpg
カタクリ 自然観察路にて
a0048823_19525440.jpg
a0048823_195548.jpg
a0048823_201639.jpg
12時55分 もうすぐ山頂
a0048823_2041063.jpg
a0048823_2082496.jpg
でっかい山頂も我々のメンバーだけ 遠慮は無用!!大和三山を同定している。
a0048823_19562767.jpg
山頂でカタクリと並んで昼食
a0048823_19572871.jpg
a0048823_20131670.jpg
a0048823_20373570.jpg
だれかが「よくできましたマーク」と
by yantoken | 2009-04-22 20:43 | Comments(4)

4/19 ハンシ山~伊勢辻山~木梶山 ブーメラン山行

a0048823_20204714.jpg
台高山脈(大台ヶ原~高見山)縦走路の一部 台高北部縦走路を歩いてきた
 和歌山6時ー東吉野村のR166高見山トンネルを抜けてすぐ右の木梶林道に車を進める。7人乗りの車に6人乗りこみ、ゲートに鍵がかかっていないので、無理やり乗り入れる。しかし尖った落石や急坂で車がギブアップ。荷物だけ車に積み、運転者以外は、落石を取り除きながら歩いて登山口を目差す。この山が好きなリーダーは何回も来ているので変わったルートを歩きたいらしい。この辺から取りつこうか!と いきなり藪こぎで台高稜線を目差す。
a0048823_20454072.jpg
a0048823_20461672.jpg
9時3分尾根ですが道はありません もちろんテープもないです すごい急坂だ
a0048823_20504015.jpg
向こうに植林のカラマツ林が見える。
a0048823_20523552.jpg
南タワ 高見山からの稜線に取りついた
a0048823_2113499.jpg
ここから見る高見山はあまりカッコよくない
a0048823_2138100.jpg
a0048823_2133575.jpg
10:00
以前に来た時は阪神タイガースのロゴがあったが、消している。ハンシがハノシになっていたり これからも各所で標識が真っ二つに割れている。もっとひどいのはガイドブックらしきものが引きちぎられて散らばっていたり、ゴミを散乱している。我々のメンバーの一人がゴミを拾い集めていたが、とても拾いきれない。登山者の仕業と思うが 何があったのか!
a0048823_21172981.jpg
10:35
6月に今度は明神平から和佐羅に歩く予定だ。
a0048823_212053.jpg
a0048823_21314774.jpg
11:00
a0048823_213425.jpg
ここから台高縦走路を外れて右の尾根に入る 大事な標識だが・・
a0048823_21345768.jpg
馬駆け場
12:00 昼食
a0048823_2139235.jpg
a0048823_21415666.jpg
13:20木梶山山頂
a0048823_22152398.jpg
2年前に付けたテープが残っていた ここは迷い易い
a0048823_21444179.jpg
13:50 下山 ここから林道を車まで30分歩く
a0048823_6522870.jpg

by yantoken | 2009-04-19 21:47 | Comments(0)

4/18 ニホンミツバチの分蜂Ⅱ

a0048823_1839288.jpg
4月18日11時過ぎ根来山げんきの森にて
この時期 ニホンミツバチの分蜂は雨後の晴れた日の午前中(10時頃)に確率が高いと教えられていた。
今日は分蜂が見られるかも・と期待して、まだ分蜂していないと思われる巣箱の観察に行った。先ずは10時30分 第二駐車場近くの巣箱を観察 まだ分蜂の気配がない 続いて西展望広場の巣箱へ これも普段とあまり変わらないようだ。諦めて帰り道 第二駐車場付近を歩いているとミツバチの羽音が異常である11時 「やったか」巣箱周辺をものすごい数のハチがブンブンと飛び回っている。何処に取りつくか見逃さないように追跡する ちょうど散策中の人が通りかかったので応援を依頼する。
「見逃さないぞ!」と・・・ 見る見るうちに巣箱から10m離れたコナラの幹に集結したが・・なんと地上から8mの高さでしかも崖上だ。11時20分 これは捕獲は無理だと諦めざるをえない。よく見ると二群に分かれている
a0048823_1943314.jpg
12時50分 捕獲は諦めていたが、その後どうなったか見に行くと、上の群れが消えていた 最近取り付けた巣箱に入ったようだ(下の群れはまだ居る 本当は下の大群が欲しかったが!!)
15時、再度見に行くと下の群れも消えている。 あの大群は何処に行ったのだろうか!!
a0048823_2002342.jpg
ヤマサクラは終わったが・まだ咲いている桜も・・カスミサクラかも 明日(活動日)は鑑定されるだろう
a0048823_2054325.jpg
アケビ 4/6管理棟裏で・没にするのが惜しくて・・
by yantoken | 2009-04-18 20:12 | Comments(0)

4/15根来山げんきの森 散策

a0048823_20541764.jpg
マルバアオダモ 新しく設けたニホンミツバチの巣箱を観察に行って、巣箱のすぐ近くに 「あれ~!!これはなんだ!!」と息をのむほどの美しい花が咲いていた。しかも手に取ることもできる。
普通マルバアオダモの花は数メートル上の梢に咲いているので、こんなに近くで見るのは初めてだ。もちろん望遠のない私のカメラでは撮りにくい。誰かが根元から切断した木から芽生えたようだ
a0048823_21212962.jpg
モチツツジとマルバアオダモ
a0048823_21242537.jpg
コバノガマズミも各所で
a0048823_2126944.jpg
キンリョウヘン ニホンミツバチを呼ぶ不思議なラン
a0048823_21315552.jpg
a0048823_21322199.jpg
ホタルも飛び出した。  ホタルカズラ
by yantoken | 2009-04-15 21:38 | Comments(0)

4/10 ニホンミツバチの分蜂

a0048823_190516.jpg
10時 駐車場上の斜面 分蜂(ニホンミツバチは巣に新しい女王が誕生すると旧女王が群れを連れて巣からでて行く)
a0048823_1944272.jpg
9時半頃 管理棟上のニホンミツバチの巣箱を観察すると、異常に巣箱周辺を飛び回ったり巣箱のまわりに張り付いている。もしかして分蜂の始まりかも!!と注目していた。
a0048823_19134962.jpg
a0048823_1914797.jpg
ゴミ袋に手で払って取り込む(捕獲) どさ~~と 落ちて結構重たい。素手がいい 手袋だと刺すことがある。
a0048823_1922621.jpg
若干怖い!!
a0048823_19224812.jpg
 先日取り付けた巣箱へ移す 女王ハチが何処にいるのかわからないので、慎重に取り込む。
a0048823_19264354.jpg
うまく取り込めたようだ。
a0048823_19345489.jpg
4/8 分蜂前の巣箱内 この巣箱は4月6日に第一分蜂したと思われる。第一分峰もクラブ員が捕獲に成功して、現在は飼育中(飼育と云っても月に一度巣箱の底板を清掃するだけ・・スムシの発生を防ぐため)
a0048823_19333158.jpg
4/10 本日の分蜂後
a0048823_2011204.jpg
分蜂群を取り込む器を設置した
by yantoken | 2009-04-10 19:45 | Comments(0)

4/4 根来山げんきの森 自然観察会

a0048823_20464554.jpg
  根来山げんきの森のザイフリボク バラ科 ヤマサクラより白が鮮やか よく目立つ
根来山げんきの森で毎月第一土曜日に実施されている自然観察会に参加した
 本日はサクラ観察をテーマに行われた 根来山げんきの森では植栽でカンヒサクラ・ヨウコウサクラ
オオシマサクラ・ヒマラヤサクラ・エドヒガンサクラ・(野生もあります) 野生でヤマザクラ・ウワミズザクラ・イヌザクラ・ザイフリボク(シデサクラ)など様々な個性あるサクラが見られます。管理棟に掲示している大きな地図にそれぞれの場所を印している。
a0048823_2181965.jpg
普通のヤマザクラはほぼ終わっているが、今から咲くヤマザクラ?もある 花びらが大きい!名前がよくわからないので誰かが「根来サクラ」と名付けようと・・
a0048823_21164214.jpg

by yantoken | 2009-04-05 21:19 | Comments(0)

4/3 ボッカトレ

a0048823_1963022.jpg
 5月の連休に北アルプス(蝶ヶ岳)にテント泊でハイキング予定だが、体力的に大丈夫かいな?と不安になり 根来山げんきの森を、アイゼン付けて18kgのザックを担ぎトレーニングをやってみた。しかし・・結論は2時間でバテてしまい、こんなことでは楽しいはずのハイキングが地獄の懺悔になってしまう。年齢的にも無理かいな~~と仲間には悪いが、テント泊を諦めて小屋泊に変更しざるをえないようだ。
根来寺駐車場は花見の真っ最中で車は遠慮して家から自転車で・
a0048823_19322579.jpg
a0048823_193356.jpg
シャガをみて
a0048823_19335429.jpg
a0048823_19341289.jpg
このブログに何回も出てくる私のトレーニングコース 根来山げんきの森スカイラインへ
a0048823_19352125.jpg
地獄の釜の蓋 キランソウが迎えてくれた
a0048823_19354159.jpg
ラーメンにモチを入れて ちからラーメンで頑張ったが!!もうバテテイル!!
a0048823_19435655.jpg
 ニホンミツバチは活発に元気ハツラツ 冬の間には見なかったオスバチが生まれている(黒いハチ)
by yantoken | 2009-04-05 19:49 | Comments(0)