人気ブログランキング |

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10/19 アサギマダラ 他いろいろ

a0048823_19305840.jpg
10/19根来山げんきの森でアサギマダラを見た。旅をする蝶で知られ南から北上するだけかと思っていた。春に見かけたときは、この山でゆっくり休みながら北へ旅を続けるんだな~!!と思い、ほほえましく見送ったものだ。ところがこの秋でも何回か見かけた なんで今頃こんなところに!!今頃から、これ以上北に行ったら花などにありつけないぞ!と思い、アサギマダラの為になんでか調べてみた。よく考えると(考えなくても!!)南から北へ行きっぱなしだと南の蝶がいなくなってしまう。実は春に北上したアサギマダラの子孫が秋に南へ帰るそうだ。
a0048823_195843.jpg
花は秋の七草のひとつ フジバカマ 根来山げんきの森管理棟裏にて
アサギマダラ 浅黄色→あさい黄色かと思っていたがブルー系の浅葱色(うすいネギの葉の色)と云うから羽上部のうすい青色から名前がついたのだろう
a0048823_2091667.jpg
a0048823_20101363.jpg
a0048823_20121052.jpg
a0048823_20131839.jpg
人なつっこい蝶で接近しても逃げません
a0048823_20142879.jpg
a0048823_20193563.jpg
管理棟前に引っ越しした
a0048823_20225340.jpg
ハダカホオズキ 袋に入っていないから・・覚えやすい名前だ 黒く熟すのはイヌホオズキ
a0048823_20265886.jpg
センブリ 大好きな花ですが、根来山げんきの森ではよく探さないと見つからなくなりました。
by yantoken | 2009-10-19 20:35 | Comments(7)

10/15 遊歩道整備とミツバチのスズメバチ対策

a0048823_1955313.jpg
 久々に遊歩道整備だ
 根来山げんきの森も先日の台風で遊歩道が荒れていましたが、ボランテイアーの皆さんの頑張りで、ほぼ整備されました。
 残るは裏コース(スカイラインコースなど)の点検と整備です 
この秋 根来山げんきの森に、また(例年)近隣の小学5年生が授業の一貫として「森の恵み体験」にやって来ます 私もスタッフとして孫と同年代の子供たちを相手に張り切って相手するつもりだ。担当は方位磁石を持って地図を見ながら山の探検です 簡単ながら地図の見方・山道の歩き方なども教えてやろうか!と思っている。
a0048823_19513943.jpg
崖崩れで木橋に土砂がかぶさり、重さで木橋が潰れそうになっていた。
a0048823_2002434.jpg
この程度のガレ場は、子供たちは楽しむ。
a0048823_2012266.jpg
ニホンミツバチのスズメバチ対策 入口の白い部分はスズメバチがミツバチの巣の中に入ろうとして入口を広げる為に口で噛み砕いた痕  
10/10 巣箱の点検に行くと、丁度スズメバチが2頭入口で巣箱を噛み砕いていた あまりの凄さに写真を忘れて、棒切れで叩きつぶすと 巣箱の中からスズメバチが出てきたので、私は一目散に逃げた。 しばらくして「ハチジェット(殺虫剤)」を持って再度見に行くと、また2頭が入口にいる、巣箱の中に液が入らないようにスプレーしたので1頭に逃げられた 
a0048823_20331246.jpg
黒い網は後で取り付けたスズメバチ対策
ニホンミツバチも入り難いが何とか出入りできる(両脇に花粉を抱えたミツバチが入口で花粉をこぼさないかと観察したが、決してこぼさないです!!かわいいな~!)
a0048823_20394380.jpg
捕まえた1頭のスズメバチを囮にして「ネズミ捕り(ねばねば)」につけて置くと、何故か(仲間を助ける積りか?)スズメバチが繋る。 本日(10/15 ニホンミツバチの点検に行くと巣箱の中に2頭のスズメバチが死んでいた(対策前に入ったもの)
 2頭ぐらいならニホンミツバチが数で対抗して、やっつけるようだ。ニホンミツバチと云えども一人では怖くて巣箱内の写真を撮る余裕はない。
by yantoken | 2009-10-15 21:03 | Comments(0)

10/11 大普賢岳ハイキング

a0048823_151787.jpg
おなじみの和佐俣ヒュッテキャンプ場からの取りつき 日本岳方面で真中に大普賢岳が頭を出しているのですが、今日は雲の中です  8時30分 
本日の一番の収穫は本格的な山登りは初めてらしく、鉄梯子を危なっかしく怖々登り、「降りるときはどうしようかしら?」なんて言っていた新入会のYさんが次第に鉄梯子に慣れて、堂々と歩けるようになったことである(こっそりザックの中に用意していたロープは無用だった
a0048823_157264.jpg
和佐又のコルからはいつ来ても快適な山道です まだ紅葉には早いです
a0048823_15145627.jpg
笙の窟で小休止9時20分
a0048823_15203267.jpg
鷺ノ窟などの洞窟群を過ぎると鉄梯子などが続く急登が始まります
a0048823_15253525.jpg
標高1500mを過ぎると紅葉が始まりました
a0048823_15304393.jpg
石ノ鼻で小休止10時 狭い岩の上は満員で動くのが怖いです
a0048823_15351385.jpg
小普賢岳から一旦下って150m程登り返せば山頂です
a0048823_15404719.jpg
山頂はガスっている、ゆっくり登ろう 小普賢のコルから10時20分
a0048823_15445029.jpg
山頂には11時10分着ですが写真を忘れました、寒い山頂を通り過ぎて少し下った所で大休憩 大普賢山頂から七曜岳方面に急坂を下りきると到着です12時15分
a0048823_15581849.jpg
ガスもすっきりと取れました 小普賢岳方向を振り返る 手前は大普賢岳
a0048823_1622462.jpg
行者還岳方面に続く大峰主稜線
a0048823_165896.jpg
下山時に通った大普賢を巻く奥駆け道は素晴らしい紅葉です
a0048823_1692422.jpg
乙女の寝顔!!? 稲村ヶ岳方面
a0048823_16125944.jpg
こんな紅葉を楽しみながら、30分ばかり遠回りして(鷺の窟から和佐又山・無双洞方面分岐に下る)和佐又ヒュッテ着15時でした。
by yantoken | 2009-10-12 16:28 | Comments(0)

10/3 観月会とチエンソーカービング

a0048823_19422745.jpg
   Breathの素敵なコンサート
a0048823_19424763.jpg
   一応は仲秋の名月も写っています
根来山げんきの森での観月会に参加した
午前10時~15時チエンソー・カービングショウが行われ、チエンソーでクスノキの大木(直径1m×高さ2.5m)を削っていく ものすごい迫力のなか、タカがリスを狙っている彫り物が完成した。
a0048823_2062718.jpg
原木です
a0048823_20211975.jpg
9/19日に粗削りされた。
a0048823_2015875.jpg
a0048823_20171574.jpg
a0048823_20254757.jpg
a0048823_20324419.jpg
最後に嘴を作って完成です
 作品は根来山げんきの森に展示されています 実物を見てください 凄いです。
a0048823_20465376.jpg
アトラクションは見物人の中から希望者にチエンソーカービングの指導も
a0048823_2050541.jpg
チエンソーは初体験ながらも次第に慣れていく。
a0048823_2104744.jpg
a0048823_21174458.jpg
a0048823_213338.jpg
竹細工教室でクラブ員が作った「明かりとり」 中にローソクを灯します もらえますが寄付金も募っています
a0048823_21194023.jpg

by yantoken | 2009-10-03 21:23 | Comments(0)

10/2中学生の職場体験

a0048823_18354768.jpg
溝蓋を作る中学生
今年も岩出中学2年生10名が社会実習で根来山げんきの森にやってきた 9/30~10/2の3日間 岩出市内でも 福祉施設・スーパーマーケットなどで活躍している中学生のういういしい姿が目立ったことと思う。
最終日の10/2 中学生の世話役(スタッフ)として私も参加した。
 朝から雨が降っている今日の作業は、二組に分かれ管理棟裏の溝蓋作りと昨日切り倒した枯れ松や杉の丸太切り作業だ
a0048823_18521569.jpg
私の組はブルーシートで雨を凌ぐ作業場をつくり溝蓋の製作だ。この頃の子供は雨に濡れることを意に介さないようだが、我々は風邪をひかないかと心配だ!!
a0048823_18585668.jpg
a0048823_195493.jpg
a0048823_1965399.jpg
a0048823_1910593.jpg
墨つぼで糸を張りケガク(印をつける)ことに興味を持ったようで順番待ちだ。
a0048823_19163818.jpg
a0048823_19175862.jpg
a0048823_19235966.jpg
作業終了後は例によって焼き芋に舌鼓!うまい!
a0048823_19264758.jpg
枯れ松から捕ったマツノマダラカミキリの幼虫を焼いて食べると云う ピーナツの味がしたそうだ。
a0048823_19362073.jpg
マツノマダラカミキリの幼虫 2008.9月の投稿より
by yantoken | 2009-10-02 19:39 | Comments(0)