人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9/18~19 空木岳続き

a0048823_1931350.jpg
9/19朝5時40分 木曽殿山荘を出発 空木岳に登り、池山尾根を下ります。空木岳の標高2863.7m~駒ヶ根バスセンター標高850mまで、一気に標高差2000m下ることになります。 
ところで今朝(9/18)の毎日新聞に空木岳滑落死亡事故が載っていましたが、同じルートの筈ですが私は全然気付かなかったです
a0048823_19425745.jpg
いきなりの急登です。朝食時小屋の主人から、第一ピークまではストックを使った方がよいが、そこからは両手で岩を掴んでの登りとなるのでストックは格納するように注意があった。
a0048823_19531266.jpg
まだ第一ピーク手前です。小屋がはるか下に見えます。向こうは昨日通った東川岳
a0048823_201332.jpg
a0048823_204561.jpg
7:00
ここからが正念場
a0048823_2065240.jpg
a0048823_2075034.jpg
a0048823_209458.jpg
7:30 空木岳山頂 360度の大展望です
a0048823_20122515.jpg
山頂は風がきつく、ホオッかぶりしていたタオルを外すと帽子が飛びそうです
a0048823_2016569.jpg
地元山岳会が作った駒峰ヒュッテ 素泊まり4000円
a0048823_20202655.jpg
a0048823_2022915.jpg
8:25 駒石 突然 なんであるん!!て感じです。
a0048823_20255812.jpg
標高2500を過ぎると樹林帯の細道です。
a0048823_20334214.jpg
a0048823_20351933.jpg
a0048823_20363832.jpg
渋滞します
a0048823_20384539.jpg
12:00 やれやれ!もう一頑張りです
a0048823_2042614.jpg
すばらしい森です。登山道脇にはツツジやオオカメノキなど花の咲く樹木も沢山あり、季節ごとに散策したい森でした
a0048823_20515438.jpg
a0048823_20474686.jpg
13:35 三本木地蔵登山口 バスセンター駐車場まで、あと2.5kmですが、ここからタクシーを予約しています
a0048823_20571452.jpg
待つほどもなく着てくてました 菅の台バスセンター13時50分着 コマクサの湯に入浴後 美味しいと評判のソバ屋さんで大盛りソバを戴き、途中の高速道の渋滞に合い、和歌山へ23時着でした。
 中央アルプス侮ることなかれ!!ロングコースの岩尾根はアップダウンの連続で あの名高い北アルプス不帰のキレットに負けず劣らずタフなコースでした。相当の体力を要します。
by yantoken | 2010-09-20 21:05 | Comments(0)

9/18~19 千畳敷~空木岳(中央アルプス2863.7m)

a0048823_134694.jpg
空木岳 19日 駒石付近から
a0048823_14143149.jpg
9/17夜9時半 メンバー9名が車2台に分乗して和歌山を出発、 中央自動車道・駒ケ根インター下りてすぐの菅の台バスセンター大駐車場に18日早朝2時半到着。車内でしばしの仮眠後、4時半頃から始発のバスに乗るため行列に並ぶ(誰もが臨時便が出ると予想するが発表はない、この日は5時55分発の臨時便が始発となった)
a0048823_1422971.jpg
バス終点のしらび平から6時50分発のロープウエイ始発に乗りせんじょうじきへ、
7:15 千畳敷から極楽平に向かう 本日の工程は宝剣岳から伸びる尾根を南下して木曽殿山荘に15時半ころ到着が目標だ。(宝剣岳は1人を除いて皆経験あるので、今回はカットです) 
a0048823_14323615.jpg
ナナカマド 今年はまだ紅葉の気配すら見られません。
a0048823_14383192.jpg
a0048823_14481299.jpg
7:55 極楽平
a0048823_1453498.jpg
8:21 島田娘付近から 目指す空木岳が見えるので、カメラを構える間もなくガスに覆われてしまった。頭だけちょこっと正面に空木岳 右は南駒ヶ岳
a0048823_1572582.jpg
10:55 檜尾岳
a0048823_15233954.jpg
東に延びる檜尾尾根にモダンな避難小屋がみえます。
a0048823_153498.jpg
ガスってしまって景色が見えないので花でもa0048823_15423117.jpga0048823_1536374.jpg
a0048823_15481473.jpg
今にも崩れそうな危なっかしい岩が見え出すと、次々に難所が現れます
a0048823_15533782.jpg
a0048823_15554070.jpg
a0048823_1558676.jpg
a0048823_1605897.jpg
ここが山頂と思うけど1人立つのが精一杯なので??
a0048823_16102122.jpg
ここにも熊沢岳の標柱が立っている。13:00
a0048823_1614425.jpg
下った分だけよじ登って!!
a0048823_16214530.jpg
15:01東川岳と云う岩山を過ぎれば
a0048823_16245021.jpg
15:27  木曽殿山荘・・完全予約制(部屋は2階の大部屋だけで布団一枚に2人ですが、よく眠れました・・1階は食堂兼ね雑談場)テント場はありません。
by yantoken | 2010-09-20 16:50 | Comments(0)

9/5 清水ヶ峰 (1186.2m)

a0048823_196585.jpg
毎日続くこの暑さ、 何処か近場で涼しい山はないかと、山ともに聞くけど「う~ん!!」である。前回の護摩壇山森林公園の涼しさに味をしめ、1000mクラスの山なら涼しいだろうと、ヤマケイの登山ガイドブック「奈良県の山」を見ていると清水ヶ峰が目についた。奈良教育大学の実習林として、手厚く保護され多様な植物が育つ静寂な山と紹介している。 森林浴もよさそうだと、さっそく仲間を誘ってみると10人もの仲間が集まった。「ほんまに涼しいんかいな~」と責任を感じる。
和歌山6時出発、五条からR168を赤谷キャンプ場を目指して南下 五条市宇井(旧大塔村)のR168は数年前の崖崩れで崩壊し、今も工事中で対岸の県道に迂回するようにガードマンが誘導している。もともと目指す赤谷キャンプ場は対岸の県道から入ったところにある。
a0048823_19333591.jpg
赤谷キャンプ場と隣接している、奈良教大管理施設 門が閉まり無人のようなので、キャンプ場の駐車場まで行き、管理人に聴くと奈良教大の前に駐車すればよいと云う。
a0048823_19565179.jpg
良く見るとこんな看板が・・
a0048823_1959114.jpg
8時 入口のロープは鉤で引っ掛けてあるだけ・遠慮なく駐車させてもらった。
a0048823_2044810.jpg
ノートに入山届を記帳する 取り付けてある温度計は25℃をさしている 標高400m 山頂まで途中3か所にあった温度計もすべて25℃でしたが・・
a0048823_2075287.jpg
宿舎の裏から杉林の急登が続く。
a0048823_20144835.jpg
8時50分第二ベンチのある10坪平で小休止
a0048823_2017404.jpg
ちょっと付け過ぎではないか!と思うほどペンキ印があり迷うことは無い。
a0048823_20203587.jpg
尾根と沢コースの分岐 ここまでは暑さと急登で皆無言!!大汗かいて!!森林浴どころではない 沢コースを行きます
a0048823_20224886.jpg
トチの大木を見に行く
a0048823_2028277.jpg
奈良県1のトチの大木
a0048823_2032388.jpg
この辺り標高800mの等高線に沿った道は、緑濃の森を楽しむ余裕もでき賑やかになりましたね~。来てよかった!の声も聞こえてやれやれです。
a0048823_20403445.jpg
10時13分 7号鉄塔
a0048823_20454370.jpg
ちょっと危険個所も
a0048823_20473990.jpg
ミズナラの大木 ここを過ぎれば頂上は近い。
a0048823_20514556.jpg
平田平11時12分 ほれぼれする美しさ!!
a0048823_2054525.jpg
a0048823_20561474.jpg
急坂を登れば山頂です
a0048823_2058778.jpg
11時27分 広くない山頂は南東方面が開けている。大峰の釈迦ヶ岳の鋭鋒がみえる。
下りは尾根コースをひたすら下り13時55分登山口着でした。夢の湯でさっぱりし、途中の五条では雷を伴う大雨で、いいな~!!これほど雨を羨望したのは初めて、案の定和歌山はカラカラで車から降りると思い切り暖房が効いていました。(笑)17時着。
by yantoken | 2010-09-06 21:13 | Comments(1)

9/4 根来山げんきの森 自然観察会

a0048823_1936532.jpg
a0048823_19394760.jpg
根来山げんきの森で毎月第一土曜日13時~行われる自然観察会に参加した。本日の主なテーマはクルミの収穫です.(オニグルミ 植栽)
誰でも参加できます。
a0048823_19433559.jpg
毎日新聞さんの取材もあり、インタビューに応じていましたね~。今日(9/5)の新聞に載っていましたから彼は学校で注目されたのでは・・
a0048823_19512872.jpg
クルミより、本人さんが落ちるのでは?とヒヤヒヤ!!(彼は枝打ちの名人でした)
a0048823_2015934.jpg
 もちろん植物の観察・勉強もあります。これは管理棟近くに植栽されたキハダの観察。
a0048823_20135865.jpg
収穫されたクルミは土に埋めて自然に皮が剥けるのを待ちます。
by yantoken | 2010-09-05 20:06 | Comments(1)