人気ブログランキング |

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

11/23 紅葉 紀泉高原は今 見ごろ

a0048823_12584097.jpg
伊関峠のお地蔵さん前より
a0048823_1324416.jpg
地蔵山広場(案内図では林間休憩所)の手前より
a0048823_1363916.jpg
a0048823_1310598.jpg
地蔵山広場 今日は祭日で賑わう筈だが、天気はイマイチで結構寒く閑散としている
a0048823_13153283.jpg
a0048823_13245759.jpg
a0048823_13183978.jpg
タカノツメの黄葉 新芽は天ぷらが美味しい。
a0048823_13213091.jpg
同じくタカノツメです。葉っぱが青いときは目立たないが結構沢山あることに気づく。。
a0048823_1415864.jpg

by yantoken | 2010-11-24 14:04 | Comments(0)

11/21 法師山~百閒山

a0048823_2031460.jpg
持参した地図(電子国土より)
山の仲間たちと紀南の法師山から百閒山へヤブ尾根の縦走を楽しんだ。6時和歌山を出発 紀南への高速道路は片道2車線化も着々と進み快適である。終点の田辺で下り、百閒山渓谷を目指す。百閒山渓谷入口のトイレに立ち寄り小休止、林道の板立峠を過ぎてすぐの右側の広い空き地に駐車する。 
a0048823_2030996.jpg
8:55 四年前に同じコースを歩いている(私も含め今回のメンバーに3人あり)。板立峠を過ぎて二つ目の橋を渡れば登山口があるのはわかっていた。この登山口で私が勘違いして口を出し、ここではないと通り越してしまう。しばらく歩いて地図を見ると景色が全然違うことに気づき「すまない通り過ぎてしまったみたい!!」と・引き返すことに・・。
a0048823_20445888.jpg
よく見ればちゃんと「法師山入口」と書いてある。
a0048823_20473676.jpg
いきなりの急登で笹の中を進む。
a0048823_20504480.jpg
a0048823_192539.jpg
タママツ尾根に取り付けば快適だ。途中の1006m峰で色ずいた法師山が見える。山頂に白い反射板があるはずだが此処からは見えないのかと思い・・
a0048823_20562367.jpg
急坂を登り
a0048823_20572594.jpg
a0048823_20592291.jpg
あれ~!こんな山だったっけ!
a0048823_21119100.jpg
10:40
法師山1等三角点
a0048823_2131472.jpg
この方角が大きな反射板で閉ざされていたが、今は取り除かれ360度の大展望だ
a0048823_2162898.jpg
以前にこの法師山から尾根通しで歩いた大塔山も近くに見え懐かしい。
a0048823_2122554.jpg
法師山から急坂を下り、すぐの分岐を左(北西)に進む「百閒山方面の標識」やテープも有り解りやすいはずだが、
ここでも失敗その2(法師山での休憩で腹ごしらえを忘れていたので、立ち止まりザックからパンを取り出しているうちに仲間の姿が見えなくなり、大急ぎで追いつくために、走り下り、分岐を見逃して直進する。かなり走ったが仲間の姿が見えないので、地図を取り出し分岐を見逃したことに気づき、大汗かいて引き返す。かなりのロスタイムで仲間を待たしてしまい迷惑をかけた(仲間はマーキング=小用 かと思ったとか!!)yantokenも焼きが回ったようだぜ・・
a0048823_21412684.jpg
a0048823_2143938.jpg
12:05 1005.8峰手前の初心者には手こずりそうな大岩を過ぎ
a0048823_2150345.jpg
12:20 1005.8峰 真剣に地図を読んでいる人・お任せの人・・
a0048823_21542581.jpg
下って・登り
a0048823_21562032.jpg
これはヤブコギではありません!!踏み跡はしっかりしています ここは記憶にありました!
a0048823_21591724.jpg
a0048823_2202011.jpg
14:40
百閒山山頂は狭くて、居心地はいまひとつ。
a0048823_223229.jpg
手入れのいきとどいた桧林を過ぎ
a0048823_2253120.jpg
15:00
予定通りだ
a0048823_229023.jpg
a0048823_2292673.jpg
16:00
お疲れさんでした。 帰りの高速道路は片側2車線化の工事中で相変わらずの大渋滞で、和歌山に帰りついたのが20:10でした。来年の夏には海南ICと有田IC間が完全4車線になるそうです。
by yantoken | 2010-11-22 22:16 | Comments(1)

11/9 錦秋のみたらい渓谷

a0048823_1926588.jpg
a0048823_20324114.jpg
根来山げんきの森の仲間たちと奈良県天川村の「みたらい渓谷」に紅葉見物に行った。今 紅葉真っ盛りで、今年の紅葉は一段と色鮮やかです。 早く行かないと終わってしまうよ!!
a0048823_19324626.jpg
a0048823_19481340.jpg
岩出市を車3台で7:30出発 R309号 天川村北角の発電所前の有料駐車場(1000円)に9:50着 車1台を最終目的地の、虻トンネル出口にある観音峰登山口駐車場にデポするために車を回送する。
a0048823_19514913.jpg
駐車場横の川迫川(弥山川とか天の川とも呼ばれている)に架かる橋を渡って対岸の遊歩道に入る。
a0048823_2055596.jpg
a0048823_2064645.jpg
左側は素晴らしい渓谷・見事な紅葉なのに!!
a0048823_2093762.jpg
なぜか右側の崖に生える地味~な!シダとかの草に目がいく、根来山げんきの森の仲間たち。
a0048823_20155758.jpg
a0048823_2017086.jpg
a0048823_20182649.jpg
R309号 いつも行者還トンネル方面に行く道を吊り橋から見る。
a0048823_20231816.jpg
a0048823_20363953.jpg
10:50 弥山方面に行くときに立ち寄るトイレです。
a0048823_20264227.jpg
この吊り橋を渡ってきました。次はいよいよ本番のみたらい渓谷に入ります。
a0048823_2031092.jpg
a0048823_20384029.jpg
a0048823_20414925.jpg
a0048823_20442271.jpg
12:35 最終目的地の虻トンネル出口にある駐車場
a0048823_20501836.jpg
この下の河原で昼食は済ませて・
a0048823_2052882.jpg
振り返ると・・平日ですがハイカーが多いです。 
a0048823_213569.jpg
大峰山(山上ヶ岳)女人結界門を見物に・・// やばい!!次は「大峰山に登る!」と言い出しそうだ。
by yantoken | 2010-11-09 21:05 | Comments(0)

11/7紅葉ハイク 明神平~ヒキウス平

a0048823_21153835.jpg

a0048823_919192.jpg
山の仲間たちと奈良県東吉野村大又から明神平へ紅葉見物に。明神平は何回も行ったことがあるが、今回はヒキウス平と云う初めて聞くところだ。しかも今回はサブリーダーとしての参加である。
 多分今回はトップを歩くことになるだろうと、ネットで調べると、割と簡単に自信を持って行けそうだ。
a0048823_21381880.jpg
8:30七滝八壺などの渓谷美が楽しめる大又林道を車で走り、林道終点の広い空き地に駐車する。目の前は紅葉真っ盛りだ。
a0048823_21521160.jpg
実物はもっと綺麗だが、私のカメラではうまく色が出ないです。紅葉を写すのは難しい
a0048823_2157147.jpg
登山届は出しましょう。
a0048823_2203274.jpg
9:15 最初の沢渡り 水流はほどほどで、おもしろく、靴を濡らさないように慎重です。このような沢を3~4回渡ります。
a0048823_2262999.jpg
a0048823_2282154.jpg
9:42 明神滝
a0048823_22113450.jpg
a0048823_22122990.jpg
a0048823_2219750.jpg
a0048823_22195867.jpg
a0048823_22221146.jpg
a0048823_22232074.jpg
10:25明神平
a0048823_22275290.jpg
台高縦走路を明神岳方面へ
a0048823_22303241.jpg
桧塚奥峰へ
a0048823_22313029.jpg
a0048823_22322796.jpg
10:58 こんな標柱ができていました。
a0048823_22364214.jpg
a0048823_22392810.jpg
桧塚奥峰方面に進み、ここ1394m峰で桧塚奥峰とは反対方向の右(南)の踏み跡をたどる。
a0048823_22454777.jpg
11:52 この広場がヒキウス平と思われるが標識は無いです。
a0048823_22483583.jpg
壮大な眺めです。
a0048823_22501440.jpg
完全に消えています。
a0048823_2253952.jpg
a0048823_2256370.jpg
来た道を帰る予定でしたが、ちょっと近道をしようと、我グループのヤブコギ好きの血が騒ぎまして、明神岳に登り返さず、明神平に直進の踏み跡らしき跡を追いましたが、見失い、あとは強引に明神平の小屋方面に突き進んだが、結局は5分ほど短縮しただけでした。15時に大又林道終点の車に帰り「やはた温泉へ」
by yantoken | 2010-11-07 23:08 | Comments(0)