人気ブログランキング |

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014.9.28仙ヶ岳(鈴鹿)961mハイキング

a0048823_15385226.jpg
東海展望から仙ヶ岳
鈴鹿の鹿島槍とも呼ばれるらしい!見事な双耳峰 仙ヶ岳へ山の仲間とハイキングです。和歌山を5時30分出発 鈴鹿インターから鈴鹿市小岐須渓谷の大石橋Pに7時50分到着、すぐに登山口がある。
今回のコース
大石橋P→ヤケギ谷コース→宮指路岳→県境尾根→仙ヶ岳(西峰)→仙ヶ岳(東峰)→仙鶏尾根→仙鶏尾根分岐→大石橋P 
急峻な谷筋の道を登り、東海展望の見晴らし、水平箇所の無い県境尾根のアップダウンとスリル、仙ヶ岳西峰からの鎌ヶ岳や御在所岳の大展望、仙鶏尾根の劇下りなどなど、変化に富んだ周回コースで正に山登りの醍醐味を堪能しました。標高こそ低い山ですが、やはり鈴鹿の山は厳しい。
a0048823_15523276.jpg
20台は置けます。
a0048823_1557174.jpg
大石橋方面へ100m程引き返すと道標がある(宮指路岳・小岐須峠 登山口)下の広い道も行けそうですが、ここから入ると次の分岐が判り易い。テープ有り
a0048823_1663369.jpg
ヤケギ谷コースを行きます。道標がよく整備されていますが道は小さな崩落も有りイマイチ、踏み跡をしっかり辿れば迷うことは無い。東海展望までは谷沿いに行き、水流の無い谷を何本も横切ります。
a0048823_16142266.jpg
a0048823_16371444.jpg
a0048823_1639745.jpg
a0048823_16404233.jpg
9時30分 東海展望
a0048823_16441630.jpg
奥に鎌ヶ岳・御在所岳・雨乞岳
a0048823_16483088.jpg
10時30分宮指路岳 946.0mくしろ岳と読み946.0mの当て字か?うまく考えた。地理院地図には山名なし 少し早いが昼飯大休憩
a0048823_16581467.jpg
本日のメイン 犬返しの剣 向うの滑り易いザレ場のアップダウンが待っています。何故かこんな処を行きたがる仲間。
a0048823_1741442.jpg
a0048823_1765861.jpg
a0048823_1783398.jpg
仙ヶ岳西峰961m 13時7分 大展望です
a0048823_17154967.jpg
a0048823_17162660.jpg
展望はイマイチ すぐに除する
a0048823_1718875.jpg
仙の石 いつまで倒れないでいるのかな?
a0048823_17212742.jpg
仙鶏尾根の劇下り 
a0048823_17245366.jpg
仙鶏尾根乗越 ここから小岐須渓谷へ劇下り
a0048823_17285249.jpg
ここからは水平な道を歩けます。すぐに林道を歩けば大石橋Pです。
a0048823_17341084.jpg
16時12分 大石橋P
by yantoken | 2014-09-29 17:34 | Comments(0)

2014.9.13~15大キレット(北アルプス)を行く

a0048823_13542798.jpg
a0048823_15484886.jpg
山の仲間6人で9月12日23:09 新大阪発夜行バス「さわやか信州号」に乗り込み、13日05時上高地バスターミナル着。バス車内ではひたすら眠ることに心掛けるが、眠ったような気がしない。でも上高地に降り立つとすっきりとする。
13日は涸沢小屋まで7時間かけて歩き、明日への体力を温存する。
14日 北穂高岳への強烈な登りで岩稜歩きに順応し、北穂から大キレットを越えて南岳小屋に泊まる。
15日 南岳小屋から、南岳新道を下り新穂高温泉へ、バス・電車で一気に和歌山駅へ22時10分着でした。
a0048823_14271017.jpg
梓川の向うに穂高連峰 好天です。
a0048823_1424166.jpg
はやくもカッパ橋は大賑わい。
a0048823_1432235.jpg
横尾山荘前 槍ヶ岳・穂高岳・蝶ヶ岳への登山基地 それぞれ3方向に分かれます。
a0048823_14371197.jpg
涸沢小屋から奥穂吊尾根
a0048823_1441881.jpg
14日天気最高 いよいよ大キレットへ出発 朝焼けの奥穂高岳
a0048823_14452958.jpg
北穂への登り
a0048823_1451119.jpg
a0048823_15545041.jpg
崩れそうなガレ場を下り、アップダウンを繰り返し、画面黒い影の獅子鼻へ登り返します
a0048823_1504443.jpg
何処でも歩けそうですが無理、待ってくれます。
a0048823_1555722.jpg
「飛騨泣き」の難所を越えました 下りて来る仲間。
a0048823_15132341.jpg
A沢のコル 大キレット唯一 落石の危険がない休憩場 
a0048823_15223293.jpg
核心部 長谷川ピークと思う。
a0048823_152444100.jpg
てっぺんを這うように行きます。心配していたガスがでた
a0048823_1540884.jpg
3000mの稜線にたつ南岳小屋
a0048823_15425041.jpg
宿泊手続き後 獅子鼻や南岳へ展望を求めて散歩する
a0048823_15595836.jpg
a0048823_1622031.jpg
a0048823_1643876.jpg
15日朝富士山も見えました。 一気に和歌山へ帰ります。 
a0048823_8562330.jpg
おまけ 上高地・明神広場で見た木の実 フサスグリでした。
by yantoken | 2014-09-17 14:38 | Comments(0)

2014.9.7 大和葛城山にて

a0048823_19281836.jpg
9月7日、大和葛城山に水越峠から天狗谷道を登りました。
 自動車専用 京奈和道が紀の川市まで開通し、岩出市から水越峠まで1時間で行けるようになり、最近は水越峠を起点に金剛山や葛城山にハマッテいます。今回は山の仲間とトレーニングを兼ねて葛城山に登ったのですが、山頂西斜面にお花畑があると仲間に教えられ見て来ました。ワレモコウ・オミナエシ・ナデシコ・ヒヨドリバナ・シシウドorノダケ?クルマユリなどが咲き誇るお花畑をしばし眺めていると綺麗な蝶チョが飛んできてタムラソウに止まり、これ見よがしに羽根を広げて見せてくれました。もしかして、これがギフチョウかと夢中でシャッターを切りました。(図鑑で調べるとキアゲハと判明・がっくりですが、こちらの方が大きくて煌びやかに見える)
a0048823_20556100.jpg
a0048823_203718.jpg

by yantoken | 2014-09-10 20:09 | Comments(0)