人気ブログランキング |

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016.10.23 仙ケ岳南尾根コース

a0048823_16152481.jpg
仙ケ岳の象徴 仙の石 素晴らしいバランス・・羨ましい!! 山の仲間と仙が岳の南尾根コースを辿った。白谷を登り南尾根を下るルートを取ったが逆回りの方が良かったかも??
a0048823_1630415.jpg
08:35白谷林道を車で登っていくと林道終点の手前500m位の処に広い場所があり駐車する。
a0048823_16382871.jpg
林道終点
a0048823_16385084.jpg
すぐに造林小屋跡
ここから本格的な山道で谷を何回も渡渉します。渡渉場所を間違えると行き止まります。道標と対岸のテープを探しながら辿る。踏み跡は無いですが岩や河原の石になんとなく人が歩いた跡はわかります。
a0048823_16474788.jpg
a0048823_16495912.jpg
a0048823_16511574.jpg
右を下って左を登ります、
a0048823_16555026.jpg
a0048823_16571718.jpg
大堰堤で沢は行き止まりますが向かって右側に、攀じ登るところがあります
a0048823_1711192.jpg
紅葉には未だ早い
a0048823_1724445.jpg
尾根に辿りつきました。左の仙が岳西峰へ向かいます。
a0048823_1744155.jpg
大展望です 御在所岳や鎌が岳方面
a0048823_1772669.jpg
今から下る南尾根です。アップダウンがきついです。
a0048823_1792770.jpg
a0048823_17103677.jpg
12:48 仙の石
a0048823_17145092.jpg
a0048823_17143289.jpg
こんな岩場でも歩けるところが有るもんですな~
a0048823_17242319.jpg
a0048823_17183374.jpg
15:58無事下山完了
by yantoken | 2016-10-25 17:25 | Comments(0)

2016.10.10 果無山脈交叉縦走

a0048823_1675084.jpg
最高峰 冷水山1261.9mから 北側(奈良県)が開けて大展望です
目の前に牛廻山 奥に護摩壇山や伯母子岳が見える筈だが、山また山ではっきりと同定できない。
a0048823_16223765.jpg
前日の9日13時和歌山駅前に集合し、5人が車2台に分乗して竜神村丹生アマセミの里へ 6人用コテージ(写真)を借りて宿泊 夜食はメンバーが用意してくれたキムチ鍋 当てがおいしく飲み過ぎたか、何時頃だったのか2段ベットの下段に潜り込むとすぐにグッスリ・・明日は十津川組と竜神組に分かれて果無山脈を交叉縦走します。
a0048823_16323249.jpg
我々2人は十津川組
朝5時出発して十津川村ホテル昴の郷へ7時着 無料駐車させていただき熊野古道小辺路果無峠を目指します。この吊り橋はよく揺れて、結構怖いです。
a0048823_16441040.jpg
すぐに階段を上ります。此処から果無峠まで高低差900mを登りっぱなしです。
a0048823_16482222.jpg
さすがは世界遺産 古人のパワーを感じる石畳の道が延々と続きます
a0048823_16495728.jpg
08:10 果無集落 向こうの山(果無山脈)はまだ高いです。
a0048823_16534619.jpg
登山計画書を入れます
 此処まで車で来れますが、やっぱり果無集落を歩かないと・・
a0048823_16572776.jpg
a0048823_1659452.jpg
やっと果無峠です。多くの人が休憩していましたが、皆さん小辺路を下り本宮へ行きます。
a0048823_174233.jpg
a0048823_1773931.jpg
ここで竜神組と交信(無線機)できブナの平で交叉して休息することに
a0048823_1719967.jpg
待つこと2分で合流し車のキーを交換したが話が弾み、写真を忘れた。本宮大社の大鳥居が見えます。
a0048823_17284371.jpg
a0048823_17225324.jpg
ツキヨタケ(毒)と思う
a0048823_17305975.jpg
冷水山を経て黒尾山最後の登りです
a0048823_17332823.jpg
16:22 林道竜神本宮線の最低鞍部登山口 向こうに帰りの車が待っています。
by yantoken | 2016-10-12 17:39 | Comments(0)